忍者ブログ

きになりニュース

管理人の気になったニュースを取り扱います。

残業代払わない会社規則は無効? 最高裁が判断へ



タクシー会社の国際自動車(東京都大田区)の運転手ら14人が、実質的に時間外・深夜手当が支払われない賃金規則は無効だとして、2010~12年の未払い分計約3千万円の支払いを求めた訴訟の上告審で、最高裁第三小法廷(大谷剛彦裁判長)は1月31日、双方の意見を聞く弁論を開いた。判決は2月28日に指定された。一、二審は「規則は無効」として会社に計約1460万円の支払いを命じたが、結論を変えるのに必要な弁論が開かれたことで、見直される可能性がある。

 15年7月の二審・東京高裁判決などによると、同社の賃金規則では、時間外・深夜手当が生じた場合、売り上げに応じて支払われる歩合給から同額を差し引くと定めていた。二審判決は「労働基準法で課された割増賃金支払いを免れるもので無効だ」と判断した。


 一方の会社側は「会社が指揮・監督できず、売り上げのために過重労働に陥りやすいタクシー運転手の非効率な時間外労働を防止するもので、適法だ」と主張してきた。最高裁は、規則の有効性などについて判断を示すとみられる。


 同社の別の運転手ら13人が起こした訴訟では、東京地裁が昨年4月、「規則は有効」としており、下級審では判断が分かれている。(千葉雄高)

朝日 DIGITAL 全文はこちらから。

残業代は時間外労働に対して支払われるお金です。しかし、ブラック企業になるとサービス残業といって、お金がもらえないどころか、それが当然のような風潮になっている気がします。今回の記事ですが、このような残業代を払わない会社規則がある企業があることに驚きです。実際は暗黙の了解で残業している会社も多いのでしょうね・・・・

PR

【プライバシー】安心?やり過ぎ?絵馬にシール 個人情報流出を懸念



受験の願掛けたけなわの季節。絵馬に記された願いごとや氏名が他人に見えないように「対策」を取る寺社が広がっている。ネット時代に改めて個人情報保護の意識が高まった形だが、「過敏だ」「縁起物の由来とずれている」との声もあり、受け止め方は様々だ。

 「縁起だるま」発祥の地として知られる群馬県高崎市の少林山達磨(だるま)寺。1月下旬、本堂の横には、白い下地の「情報保護シール」が貼られた絵馬がずらりと並んでいた。


 群馬県渋川市の中学3年の長島有里さん(15)も、志望校とともに「合格しますように」と書いた絵馬にシールを貼った。「校名や住所を詳しく書いた方が願いごとがかなう気がして。シールがあれば安心です」

朝日 DIGITAL 続きはこちらから

確かに個人情報は大切ですが、このように神社の絵馬にまでこういった配慮が必要な時代が来るものなのですね。確かに見ず知らずの人に自分の願いを見られるのは良い気持ちがするものではないかもしれません。誰が読んでいるかわかりませんし、知人にでも読まれたら・・・という考えもあるのでしょう。インターネットやスマホが普及した世の中だからこその対応なのかもしれません。




【合格祈願】受験シーズンピークに 都内の私立中学校の入試始まる




東京都内の私立中学校の入学試験が1日から始まり、首都圏の中学受験シーズンはピークを迎えています。


大手進学塾によりますと、1日は東京・神奈川・埼玉、それに千葉の1都3県にあるおよそ300の私立や国立の中学校のうち、7割で試験が行われ、首都圏の中学受験シーズンのピークとなっています。

このうち、東京・荒川区にある開成中学校では、試験開始2時間前の午前7時ごろから次々に受験生が到着しました。受験生は保護者や塾の関係者から「頑張って」などと声をかけられ、試験会場に向かっていました。

受験生の1人は「すごく緊張していますが、試験は最後の1分1秒まで、頑張りたいです」と話し、付き添っていた父親(48)は「親も緊張していますが最後まで頑張ってほしいです」と話していました。

大手進学塾によりますと、大学入試センター試験が4年後に大きく変わり思考力や表現力を問う記述式の問題も出される見通しであることから、中学受験でも思考力を問う記述式や作文などを採り入れる学校が増えているということです。

大手進学塾「栄光ゼミナール」の山中亨課長は「今後、求められる思考力や表現力などの指導に力を入れるという学校の姿勢が入試にも反映されているのではないか」と話していました。

NHK  NEWS WEB 続きはこちらから

自分も中学受験をしました。本番ものすごく緊張して、ひらがなを忘れた記憶があります。問題文が日本語なのに頭に入ってこなかったり・・・中学受験は大学受験とはまた別の緊張感が漂っている気がします。某有名私立中高一貫校の入試では、試験開始前に校長先生の放送があるそうです。「できれば皆さん全員を入学させたいですがそれはできません」厳しいですが、これが現実ですね。変な言い方になりますが、1人でも多く合格をつかみ取ってもらいたいものです。



【大学入試】受験生悲鳴「宿がない」 入試日に三代目などライブ



国公立大学の一般入試前期日程がある25、26日前後、福岡県内の大学をめざす受験生や親から「宿がない」という悲鳴が上がっている。二つの人気音楽グループの公演や薬剤師の国家試験日程も重なり、ホテルや旅館が軒並み予約で満室となっているためだ。

 公演日程が入試と重なったのは「三代目 J Soul Brothers」(24~26日・ヤフオクドーム)、「RADWIMPS」(25、26日・マリンメッセ福岡)。薬剤師の国家試験は例年2月の最終土・日曜日にあり、今年は入試と同じ25、26日となった。九州では、福岡市内の大学が唯一の試験会場となる。


 福岡県内には九州大など国公立7大学があり、前年の前期日程では計約1万人が受験した。


 福岡市内には約2万7600室のホテルや旅館があるが、ネットの予約サイトでは24、25日はほぼ満室。1泊10万円超の高級ホテルか数千円の相部屋旅館くらいしか空いていない。

朝日新聞 DIGITAL 全文はこちらより


大学入試のシーズンですね。センター試験もひと段落、二次試験に向けて赤本を解いている時期でしょう。追い込みの時期です。しかし、受験に必要なものとして、宿泊する宿の問題もあります。今回は泊まる宿が不足しているという問題です。ライブの日程とかぶってしまうのです。それによって宿泊する宿が不足してしまっている・・・とのことです。正直、これは国が規制すべき問題だと思います。勉強が仕事である学生のためなのですから。ライブごときで支障をきたすようではいけないと思います。そもそも開催側も受験シーズンを完全に無視しているような気がしますね。配慮を全く感じられなくて残念です。